日本ではなぜUberが認められないのか?

 

先日、ソフトバンクグループのCEO 孫正義氏が国内の規制によりUberのライドシェアが参入出来ない事に対し、政府の方針を痛烈に批判する一コマがありました。

しかし、不思議なのはなぜ日本のタクシー業界はこうも規制に守られているのでしょうか?

役所の言い分はこうです。

小泉政権の規制緩和により、タクシーの台数が増大、1台当たりの売り上げが減った為、ドライバーは少しでも売り上げを上げるよう無理な運転をした為、事故が増えた。

その為、『公共性』の観点から再び規制が必要だ、というものです。

でも、本当にそうでしょうか?

 

データを見て頂ければ分かりますが、グラフは横ばい。おまけに、これは1億㎞当たりの事故数を表すグラフですので、殆ど誤差と言えます。

最近では、トヨタ自動車がライドシェア大手の『リフト』に出資すると発表した際に、タクシー組合がトヨタ車の不買運動をした事がありましたが、何か違和感を感じてしまいます。

現在、世界中でライドシェアは広がりを見せていますが、どこにでもタクシー会社は存在し、反対もしています。ただ、消費者にとってライドシェアは安価で、言葉が話せなくても利用出来る為、旅行先などでは非常に重宝します。

一方、タクシーはどうでしょうか?

競争も無く、イノベーションも存在しないこの業界は、長年、何の変化もありません。タクシーが10年前と比べて具体的にどう変わったか、明確に答えられる人がどれだけ居るでしょう?

こんなことは他の業界では有り得ません。

他の業界では、こんな収入じゃ生活出来ないんです…。と言ったところで、それじゃ、転職すれば?

って言われるのがオチです。

私が属する自動車業界は特にですが、役所による規制が多過ぎます。

彼らの仕事は常に『アナログ』で、スピードが遅く、その為に不必要なコストが生まれてしまいます。その上、何か新しい事をやろうとすると『行政指導』という名目で介入してきます。

そもそも三権分立の精神から言えば、違法かどうかを判断するのは裁判所であって行政ではありません。

 

ただ、最近そんな閉鎖的なタクシー業界に風穴を開けるかもしれないベンチャーが生まれました。福岡に本拠を置く『ノモック』です。

彼らは、何と無料タクシー事業を開始したのです。

そのビジネスモデルはこうです。彼らの無料タクシーを利用する顧客は運行中に車内で流れるコマーシャルを見る事で、そこから得られる広告料金を収益とするモデルです。

客は無料でタクシーを利用出来る上に、観光客などは、そこから有益な情報まで得られる為、利用者にとっては非常に価値のあるサービスと言えます。

この事業を始めたのはまだ20代前半の若者ですが、既に15歳で起業を経験するなど非常に有望な逸材です。

彼らの可能性を役所が潰す事が無いよう切に祈りたいと思います。