部下を持つ時、絶対に意識しないといけない事。

コンサルの仕事をしていた時に、様々な会社に派遣され色んな人を見てきました。その中で、『良いリーダー』の資質と言いますか、意識の面で気付いた事がありましたので、お話したいと思います。

当時は、『コンサルタント』という立場で他の企業を訪れる為、『教える』という立ち位置ではありましたが、実際のところは『教えられる』事の方が多く、正直、自分なんて足元にも及ばない、と言う人たちを相手にしなければならない時さえありました。

そのような人と一般的に言う『ダメな上司』とは何が違うのでしょうか?

勿論、そこには様々な要素があって、一言で表せる物なんてありません。

しかし、優秀な方の多くがが持つ、ある特定の『意識』が存在するのです。

それは、『上司と部下』という関係性をどう捉えているか?、と言う点。

具体的には、『絶対的』か『相対的』か、という違いです。私の経験上、ダメな上司は『絶対的』に捉える傾向が強く、良い上司は『相対的』に考えている事が分かります。

私は、(弱小)経営者です。ですので、『社長』と呼ばれる事がありますが、これは『部下』が居るから私は『社長』で居られる訳です。仮に彼が『今日で辞めます。』と言って出て行ってしまったら、私はその瞬間から『タダのオヤジ』になる訳です。

部下がいるから、社長で居られる、ここに『相対関係』が存在するのです。

ただ、サラリーマンの場合は、この当たり前の事が分からなくなります。『会社が俺を認めたから、俺が上司なんだ。』という『絶対的』な意識に勘違いする人間が出てくるのです。

この僅かな意識の違いは、意外と『態度』に出てしまいます。

『絶対的』意識を持つリーダーの場合、日々現場で起こる『小さな出来事』、実はこれが非常に重要なのですが、それに対する情報が上手く上がってこなくなったり、正確性を欠いてしまい、一体それが、『ノイズ』なのか、『シグナル』なのかを判断する事が難しくなります。

結局、問題が大きくなってやっと発覚する、というパターンです。

これが、数回続き後手後手の対応が頻発すると、組織が疲弊してきます。そうなると士気も低下し、信用も無くしてしまうのです。

こうなると、もう立て直すのは困難で最終的にはリーダーを変える、という方法を取らざる負えません。

『リーダー』は日々『判断』を迫られますが、正しい情報がなければ判断のしようがありません。

リーダーが留意するべき事は、いかに情報が正しく自分の所に届くようにするか?

この事を一番に考える必要があります。毎日不機嫌そうだったり、忙しそうにしてると、部下はなかなか話しかける事が出来ません。

現場で直接お客さんと接しているのは、貴方では無く部下なのです。

この事は決して忘れてはいけません。