ウォルマートの新しい試み。『サムズ・クラブ・ナウ』とは?

『サムズ・クラブ・ナウ』はウォルマートが経営する会員制倉庫型店舗です。形態としては、コストコに似ていますが、実は、ウォルマートの最新テクノロジーの実験場という位置付けでもあります。

・レジが存在しないスーパー

この店舗の最大の特徴は、レジが無い事。
では、どうやって決済するのか?
それは、専用アプリを使用した『スキャン&ゴー』という手法を使います。

利用者は、まず店舗の専用アプリ『サムズ・クラブ・ナウ』を事前にスマートフォンにインストールします。そこに会員情報とクレジットカードを登録する事で、初めて買い物をする事が出来るのです。
利用者は、入店時にアプリを起動させて、欲しい商品をピックアップする際に、商品に記載されているバーコードをスキャンして行きます。

そして、退店時に従業員にアプリのQRコードを専用端末にかざすと、クレジットカードから自動で決済される仕組みです。
こうなると、万引きなどを心配する声もあると思うが、そこは店内に設置された大量のカメラとセンサーでセキュリティーが担保されているのです。

・AR機能を備えた店内マップ

サムズクラブ・ナウは、ウォルマートに比べると約1/4の900坪と比較的小さな店舗面積を有していますが、それでも日本と比べると大きな部類の店舗だと言えます。
その為、欲しい商品がなかなか見つからない、という経験は誰にでもあると思います。そんな利用者を補助するのが、専用アプリの『店舗マップ』機能です。

現在、この機能はアメリカでは常識となっていますが、サムズアップ・ナウのアプリが秀逸なのは、そこにAR(拡張現実)機能を盛り込んだ事です。

アプリには、音声認識機能も備わっており、利用者が欲しい商品を声で指示するとアプリ内に経路が緑の線で表示される仕組みで、実際にカメラ機能で店内の画像を撮影すると、そこにAR機能で、同様の線が表示される。

また、アプリ内に予めショッピング・リストを作っておくことで、その商品全てをピックアップ出来る最短ルートを示してくれるのである。
店舗内の商品はスマホカメラにかざすと、その製品情報を表示してくれ、これにより店内に配置する従業員数を最小化する事に成功したのでした。

店舗では、商品のピックアップ・サービスも実施しており、利用者は自宅や出先から専用アプリで注文を行うと、専用の係員が商品をピックアップし、最短で1時間後に店舗に行くと商品を受け取れる仕組みになっている。

今月開店予定の新店舗では、さらに技術が進み700台のカメラとセンサーを組み合わせたシステムで人工知能を用いた自動在庫機能まで登場する予定になっています。

最近話題にとなった無人コンビニ『Amazon GO』に代表されるよう、近年の小売業はオペレーションの自動化がトレンドとなっています。
マスコミでは、これを『無人化』と表現していますが、正確には、顧客サービスや買い物を効率化出来る箇所に人員を優先的に配置している結果だと言えます。

この小売業にネットのテクノロジーを駆使した手法は、米中両国が格段に進んでいます。この点、日本はネットをクーポンの配布や商品情報の提供と言う段階で終始している場合が多く、人々が日常的に利用する生鮮スーパーでは、まだまだ新聞広告が主体となっている現状があります。
現在、アメリカで主流となっているアプリを用いたシステムは、比較的、低コストで導入でき、利用者に与えられる便益は絶大です。その為、小規模事業者が大手に立ち向かう際の重要な武器と成り得るのです。

買い物という行為は、ワクワク感を伴うレジャーと言う側面と、日常品に代表されるような、単なる『補充』という物に分類出来ます。この『補充』に関して利用者は、いかに手間を省いて、楽に行えるか、という事を重視します。

一方、事業者側は、少しでも長く店内に滞留して貰う事や、商品の質という面を重視しがちです。この意識のギャップを埋める必要があるのです。
勿論、これは商品の質や価格を軽視している訳ではありません。ただ、いかに効率的に買い物を終わらせる事が出来るか、という視点が足りていない印象があるのです。
今後は、この視点を明確に具現化する事が強力な『強み』となる時代になると思われます。それに対し、いかにテクノロジーを用いる事が出来るか、その事に注力する必要があるのです。