たった100万円で運送業が開業出来るAmazonの起業支援策とは?

Eコマースの配送スピードは年々高速化し、既に当日配送も珍しくない状況へと発展を続けている。これは、市場が飽和し競争が激化する中、消費者の要望が高度化し、もはや安いだけでは支持されなくなった事が大きな要因だと言える。

このような状況の中、取扱い荷量は加速度的に増加しており、Amazonを始めとするEコマース企業は、流通の質と量を同時に高めていく必要性が迫られているのだ。

そこで、Amazonが今年始めたのが運送業の開業支援である。
Amazonは今年、自社の配送ネットワークを拡大する為にメルセデスベンツの商用バン『スプリンター』を2万台購入すると発表した。

この開業プログラムに参加する起業家は、このクルマをAmazonから借り受ける事ができ、トラックが1台も無い状態でも起業出来るのだ。これにより、僅か1万ドルの資金で、Amazon配送サービスの会社を開始する事が出来るという。

Amazonが公表した収益モデルによると、仮に40台の車両を運用する場合、成功したオーナーの年間利益は30万ドルに達する可能性があるという。
ビジネスオーナー達には、Amazonが事前交渉済みのカスタム車両、ブランド・ユニフォーム、ガソリン、そして、包括的な保険の割引サービスが提供されるなど、Amazon側の手厚い支援策が得られるのだ。
参加者には、Amazonへの専従が求められ、それ以外の荷物を扱う事は出来ない。

最近、アメリカのトランプ大統領による『Amazonは、郵便公社のインフラを使っているのに、料金を不当に買い叩いている。』という批判が大きく取り上げられたことにより、現在のUPS、FedEx、郵便公社という大手3社に依存した体制を改める方向性を示しています。
既に自社でも40機もの航空機を借り受け物流事業に参入していますが、『ラスト・ワンマイル』の問題を解決すべく打ち出したのが、今回の起業支援プログラムとなります。

既に初期の参加者の中には成功事例も生まれており、今後はアメリカ全土への普及も時間の問題と言えるでしょう。