アプリのスキャンで支払い完了!? レジ無しスーパーが増える理由。

欲しい商品をカバンに入れて、そのまま店を出る。後は、その商品をカメラがセンサーが感知して、自動で電子決済。
まさに未来体験だと話題になったレジ無しコンビニの『Amazon Go』。
今、アメリカでは、スーパーからレジを無くしてしまおう、という動きが広がっています。

この『スキャン & ペイ』と呼ばれる方式は、ストア・アプリを使用したセルフ・レジ方式となります。

利用者は、自分のスマホや、店に常設されたスキャナーで、商品に取り付けられたバーコードを読み込む事で、レジに並ぶ事無く店を後にする事が出来ます。
勿論、これだけだと不正が起こる可能性がありますので、店の出口に係員が存在しており、チェックをする、という現在、コストコで行われているようなシステムを採用しているのです。

現在、アメリカの小売業では、このストア・アプリが常識となりつつあります。
これは、オムニチャネル戦略の一環として店専用アプリは既に無くてはならない物になっているのです。
様々なサービスが、このアプリを起点に設計されていますが、今、最も注目を浴びているのが決済の部分です。利用者が毎回レジに並ばされる、という悪い買い物体験を、いかに無くして行くか、という点に各社注力しているのです。

この『スキャン&ペイ』を導入しているのは、ウォルマート、クローガーなどの、大手スーパーで、その流れは、ドラッグストアや1ドルショップなどにも広がりを見せています。
最近では、米国の『7イレブン』が一部の店舗で試験運用を始めており、この流れは、益々加速して行くものと思われます。

このようなサービスは、電子決済が起点となっており、お金の支払いを電子化する事で様々なサービスが実現するという好例と言えます。

日本では、スーパーなどでクレジットカードが使えない所が多く、その事が、毎回長いレジに並ぶという悪い買い物体験となっていました。このお金と言う現物を受け渡す行為が無くなるだけで、多くのサービスがオンライン上で行う事が出来るのです。

現在、スマホ決済が国策として推進されていますが、小売業として、これに対応するのは必須と言えます。
その上で、それを活用したサービスをいかに提供出来るかが求められているのです。