人工知能(AI)のビジネス活用事例

中国、アメリカなど小売業を中心に人工知能などテクノロジーのビジネス導入事例をレポートします。新しいビジネスのヒントはここにある!!

「月別: 2019年1月」の記事一覧

ドローンや人工衛星、今、上空からの情報が重要視される訳。

2018年、市場を賑わせたテスラによる生産遅延問題。投資家たちが、右往左往する中、正確に進捗情報を言い当てた企業がありました。彼らが行ったのが人工衛星を用いた空からの監視だったのです。

店ごとデリバリーが未来の小売業!? 店舗が来てくれると言う新発想。

スウェーデンの新興企業と中国工業大学が共同で開発した動くスーパーが上海で試験運用されています。 アプリで呼び出せば、無人スーパーが自動運転で到着し、AIのバーチャル・アシスタントが接客する。未来的な取組みをご紹介します。

フード・デリバリーのトップ企業『グラブハブ』とは?

モルガン・スタンレーのレポートによると、2020年には、飲食業の売上の内40%はデリバリーからもたらされるという調査結果が発表されました。 既にデリバリーは、選択肢では無く必須となりつつあるのです。今回は、そのトップ企業のクラブハブをご紹介します。