世界最先端のMass事業を実現したフィンランドに見る移動の未来。

Maas(モビリティ・アズ・ア・サービス)と言う言葉が世の中に溢れだして久しいが、日本に於いて『移動』に関わる課題は、まだまだ多く存在する。

今回は、北欧フィンランドのスタートアップである『Maas Global』が行っている世界初のMaas事業『Whim(ウィム)』をご紹介して、その課題を浮き彫りにして行きたい。

現在、世界ではライドシェアを代表とした様々な移動に関する新ビジネスが展開されている。しかし、現在に於いては、個々の企業がそれぞれ独自に運営を行っており、それらを包括したシステムは存在しなかった。

そのような課題を解決する為に開発されたのが、『whim』である。

簡単に説明すると、このアプリは乗換案内のような物と考えて頂ければ良い。現在地と目的地を入力すると、そこまでの最適なルートを提案してくれる。
日本にある乗換案内と違う点は、単にルートを提案してくれるだけでなく、決済まで行ってくれる点にある。

また、移動手段も電車やバスと言った公共交通機関だけで無く、タクシー・レンタカー・カーシェアリング・シティバイクに至るまで様々な選択肢が用意されており、それを使った最適ルートの検索・予約・決済が1つのアプリ上で完結してしまうのだ。

更に、このサービスの優れた点は、都度払いだけでなくバスや電車が乗り放題になるプラン(月額49ユーロ)や、全ての交通手段が無制限で乗り放題になるプラン(月額499ユーロ)まで存在する。

フィンランドが世界に先立って、このような最先端のシステムを導入出来たのには理由がある。

それは、『ITS フィンランド』と『フィンランド運輸通信省』の存在だ。

『ITSフィンランド』とは、大学やタクシー業界、それに民間企業など100社以上の団体が組織に参画し、オープンデータとプラットフォームの開発・整備を行う。
つまり、今まで個々で存在していた”移動”の情報を統合する、産官学連携のコンソーシアムだ。

また『フィンランド運輸通信省』は、『輸送サービスに関する法律』を施行させ法律の一元化に努めるだけでなく、Uberの解禁など規制緩和に動いた。
2016年から始まり、現在ヘルシンキでは5万人が使用するサービスとなった同事業は市民の生活に劇的な変化をもたらしているのだ。

それは、自家用車の使用が大幅に減少した事だ。
そして反対に大幅に増えたのが公共交通機関で、都市部での環境負荷を抑えるのに貢献している。

現在は、ヘルシンキを始めとした3都市のみの展開となっている同サービスであるが、2019年中には、シンガポール・ウィーン・ハンブルク・ロンドンなど6か国・12都市での展開を予定している。
さらに、現在は日本に於いても進出の交渉を行っており、名古屋・福岡・東京、特に横浜エリアでパートナーとの交渉が進行中だと明かしている。

様々な交通手段をシームレスに繋ぎ、安価に移動出来る社会が出来れば、地方活性化に大きく寄与する事になる。しかし、同時にこの事は自動車会社を中心とした業界に、大変革をもたらす事になる。

このモビリティの『所有から使用へ』というパラダイムシフトは、トヨタ自動車の社長である、豊田章男氏が『生きるか死ぬかの戦い』と形容するように、収益構造自体を変化させてしまうのだ。

現在、Maas Global社にはトヨタ自動車を始め、あいおい損保、デンソーと言った様々な日本企業も出資を行っている。
近い将来、自動車メーカーがクルマを売るのではなく、移動と言うサービスの供給者となる時代が、すぐ傍まで迫っているのだ。