テスラ・モデル3の3万5000ドル版のオンライン販売を中止か !?


米国の新興EVメーカー『テスラ』が、モデル3の廉価版である3万5000ドルモデルのネット注文を中止したとの報道が、ウォールストリート・ジャーナルによりなされた模様です。

現在、店舗や電話での注文は受け付けているとの事ですが、テスラ社が、何らかの問題を抱えている事が明らかになりました。

イーロン・マスク氏にとって、この廉価版の発売は、同社の将来を占う大きな意味を持っていた。

大衆向けEVの発売は、彼の悲願だった。その事は、10万ドルのEVを発売するニッチ・メーカーから大衆車メーカーへの脱皮を意味していた。その達成の過程では、生産ラインに次々と問題が発生。その解決の為に、マスク氏はフリーモントのテスラ工場で、数週間寝泊まりを強いられ、その問題解決に伴うキャッシュ・アウトにより、同社は倒産寸前にまで追い込まれたのだ。

一時は、マスク氏自身が『生産地獄』と形容した最悪の事態を脱したと思われていたが、今回の発表で、その地獄が現在進行形である事が露わになったのだ。

自動車生産は、実に複雑怪奇だ。
グローバルなサプライチェーン、組み立てラインや塗装ライン、品質管理システム、そして、その他無数の要因が複雑に絡み合っている。それが最適化されて初めて品質が担保された製品が生み出されるのだ。さらに、モデル3の生産に於いては、これらの要因をクリアしながら、コストを劇的に抑える事が求められる。その為同社は、従業員7000人をリストラすると共に、販売店の全店閉鎖(後に一部撤回)を決めたのだ。

この為、同社はマンパワーの減少と生産拡大と言う苦境の中にある。

既に40万件とも言われるバックオーダーを抱える同社にとって、残された時間は決して十分とは言えない。おまけに、中国では着々と新工場建設が進んでいるのだ。これらを同時進行させながら、尚且つ、ロケット開発まで進めるマスク氏のバイタリティには驚愕させらるが、同社にとって、今がまさに正念場だ。大衆EVの発売は、テスラが大手メーカーの仲間入りをする為には、欠かすことが出来ない通過点となるからだ。

つまりは、テスラ社の将来は如何にモデル3を効率的に生産できるかに掛かっている。
同社を悩ますキャッシュフローの安定には、サプライチェーンの高速回転が不可欠なのだ。

・自動車のEV化への課題

現在、中国などを中心に自動車のEV化の流れが進んでいる。
しかし、一方に於いて解決しなければならない技術的課題が、山積しているのも事実である。中でも早急に解決が必要な課題は以下の3点だ。

① 充電時間の短縮。
② 高速走行への対応。
③ バッテリー性能の向上。

① 巡航距離の問題もあるが、何より重要なのが充電時間だ。ガソリン車に慣れた消費者は5分の充電時間にさえ耐える事は出来ない。

② EV車の特性として、高速走行時に急激に電力を消費してしまうという技術的特性が存在する。欧州メーカーが、トヨタ同様FCV(燃料電池車)の開発を進めるのは、高速(アウトバーン)を走れないクルマは商品にはならないからだ。

③ バッテリー性能、特に温度への対応が不可欠だ。EV車のバッテリーは、氷点下のような天候では、性能の半分程の実力しか発揮出来ない。只でさえ、短い巡航距離が半減する事は、実用レベルには耐えられない。

残念ながら、現在に於いてEV車は実用レベルには達していない。
その為、消費者がファーストカーとしてEVを選ぶには、時期尚早と言える。

結局のところ、テスラの経営を安定させるには、ガソリン車と遜色ない性能と利便性を手に入れる事が不可欠なのだ。そして、その為の課題が『バッテリー』に存在する事は明白だと言える。

現在、テスラ社はバッテリー製造の多くの部分をパナソニックに依存している。そして、当のパナソニック自身が、自らの方向性を決めかねている。それは、巨額に膨れ上がった投資に対し、進むべきか、引くべきか、という社運を掛けた問題だ。
マスク氏にとって、パナソニックを説得出来るか、どうか、その事が同社の最優先課題と言えるのだ。