人工知能(AI)のビジネス活用事例

中国、アメリカなど小売業を中心に人工知能などテクノロジーのビジネス導入事例をレポートします。新しいビジネスのヒントはここにある!!

「ビックデータ」の記事一覧

銀行崩壊の始まり !? アリペイが遂に給与振込を無料化。

世界最大のフィンテック企業であるアント・フィナンシャル社が、遂に銀行業の最後の砦に襲い掛かった。 給与振込は、金融業にとって住宅や自動車ローンの起点となる最重要な存在だと言える。アリババが、そこに手を付けた狙いと、既存銀行の未来についてレポートします。

アリババ傘下のスーパー『盒馬鮮生』が最先端と断言出来る理由②

アリペイから得られるビックデータを基に、出店戦略を練るフーマ・フレッシュだが、彼らは『立地』を重要視していない。これまでの常識を覆す出店戦略こそが、彼らの持つ強みと言えるのだ。

問われるプライバシーと利便性の境界線。デジタル資本主義の未来は?

EUを中心に個人情報への規制強化が進む中、その流れは世界中に波及しつつある。しかし、GAFAに代表される大手IT企業の影響力が増す中、各国とも、その線引きに頭を悩ましている状況だ。 この背景には、産業構造のパラダイムシフトがある。つまり、労働力を収益に変換する旧体制から、データのマッチングが富を生み出す時代への転換だ。

ドローンや人工衛星、今、上空からの情報が重要視される訳。

2018年、市場を賑わせたテスラによる生産遅延問題。投資家たちが、右往左往する中、正確に進捗情報を言い当てた企業がありました。彼らが行ったのが人工衛星を用いた空からの監視だったのです。