人工知能(AI)のビジネス活用事例

中国、アメリカなど小売業を中心に人工知能などテクノロジーのビジネス導入事例をレポートします。新しいビジネスのヒントはここにある!!

「新技術」の記事一覧

駐車場問題に救世主!? 北京空港に駐車ロボットを導入。

中国では、増え続ける自動車に対し駐車場不足が深刻化している。そんな中、今回北京空港で採用されたドイツ製駐車ロボットが、この社会問題の救世主として話題となっている。今回は、この駐車ロボット『RAY』を紹介する。

アリババ傘下のスーパー『盒馬鮮生』が最先端と断言出来る理由②

アリペイから得られるビックデータを基に、出店戦略を練るフーマ・フレッシュだが、彼らは『立地』を重要視していない。これまでの常識を覆す出店戦略こそが、彼らの持つ強みと言えるのだ。

EUと米国の亀裂が決定的に…。独がファーウェイ製品の受入れか?

英フィナンシャル・タイムズ社の取材によると、ドイツは5Gネットワーク整備に関し、ファーウェイ製品を含む、いかなるメーカーも排除しない、という方針を固めた模様だ。これにより、米国とEUとの亀裂が決定的な物となったと言える。今回は、その問題の背景をレポートします。

『価格』の概念に変化が…!? 顧客や時間によって価格を変える小売業。

『価格』の概念が変わりつつある。 今、小売業の多くが導入しているのが、ダイナミック・プライシングだ。これは、時間や需要に応じて、フレキシブルに価格を変動させる事で、収益を最大化する手法だ。