人工知能(AI)のビジネス活用事例

中国、アメリカなど小売業を中心に人工知能などテクノロジーのビジネス導入事例をレポートします。新しいビジネスのヒントはここにある!!

「最新中国ビジネス事情」の記事一覧

駐車場問題に救世主!? 北京空港に駐車ロボットを導入。

中国では、増え続ける自動車に対し駐車場不足が深刻化している。そんな中、今回北京空港で採用されたドイツ製駐車ロボットが、この社会問題の救世主として話題となっている。今回は、この駐車ロボット『RAY』を紹介する。

Amazonが中国から撤退 !? その戦略的失敗と覇権の行方。

アマゾンが中国市場におけるマーケットプレイス事業からの撤退を発表した。米国や欧州では、競争優位性を築き上げた同社が、なぜ中国では1%にも満たないシェアしか確立出来なかったのか? それは、戦略的失敗と言えるのだ。

アリババ傘下のスーパー『盒馬鮮生』が最先端と断言出来る理由②

アリペイから得られるビックデータを基に、出店戦略を練るフーマ・フレッシュだが、彼らは『立地』を重要視していない。これまでの常識を覆す出店戦略こそが、彼らの持つ強みと言えるのだ。

難しい判断を迫られる孫正義氏。DiDiに新たに16億ドル出資か?

米国ニュース専門チャンネルCNBCに出演した孫正義氏は、中国ライドシェア大手の滴滴出行(DiDi)に対し、16億ドルもの追加出資を行う事を表明。 ファンドの大手出資者であるサウジ側が不満を表明する中、難しい舵取りが求められる。