人工知能(AI)のビジネス活用事例

中国、アメリカなど小売業を中心に人工知能などテクノロジーのビジネス導入事例をレポートします。新しいビジネスのヒントはここにある!!

「最新中国ビジネス事情」の記事一覧

銀行崩壊の始まり !? アリペイが遂に給与振込を無料化。

世界最大のフィンテック企業であるアント・フィナンシャル社が、遂に銀行業の最後の砦に襲い掛かった。 給与振込は、金融業にとって住宅や自動車ローンの起点となる最重要な存在だと言える。アリババが、そこに手を付けた狙いと、既存銀行の未来についてレポートします。

中国EC市場の第3勢力『拼多多(ピンドゥドゥ)』驚異の成長力。

146兆円とも言われる中国EC市場では、アリババと京東という上位2社が、市場の8割以上を占拠している。そんな中、第3の勢力として脅威の成長力を見せているのが、ピンドォドォだ。僅か3年で、なぜ同社がここまでの成長を成し得たのか?その秘密を探ってみたい。

駐車場問題に救世主!? 北京空港に駐車ロボットを導入。

中国では、増え続ける自動車に対し駐車場不足が深刻化している。そんな中、今回北京空港で採用されたドイツ製駐車ロボットが、この社会問題の救世主として話題となっている。今回は、この駐車ロボット『RAY』を紹介する。

Amazonが中国から撤退 !? その戦略的失敗と覇権の行方。

アマゾンが中国市場におけるマーケットプレイス事業からの撤退を発表した。米国や欧州では、競争優位性を築き上げた同社が、なぜ中国では1%にも満たないシェアしか確立出来なかったのか? それは、戦略的失敗と言えるのだ。