人工知能(AI)のビジネス活用事例

中国、アメリカなど小売業を中心に人工知能などテクノロジーのビジネス導入事例をレポートします。新しいビジネスのヒントはここにある!!

「Eコマース」の記事一覧

EC強化を進めるコストコ。同社の強みと課題とは?

利用者から会員費を徴収するという前代未聞のビジネスモデルを構築したコストコは、Amazonプライムのモデルとなったとも言われている。同社が、なぜここまで支持されるのか、また近年同社が注力するECへの取り組みを見て行きたいと思います。

『当日配達』実現に、Amazon、ウォルマートなど大手が投資を拡大。

現在、米国ではAmazon・ウォルマート・ターゲットなどの大手小売店が、『当日配達』の導入を相次いで始めている。小売先進国の中国では、アリババ傘下のECスーパーの『フーマ・フレッシュ』が、注文後30分という驚異的な物流システムを実現しており、『物流』こそが小売業の肝と成りつつあるのだ。

中国EC市場の第3勢力『拼多多(ピンドゥドゥ)』驚異の成長力。

146兆円とも言われる中国EC市場では、アリババと京東という上位2社が、市場の8割以上を占拠している。そんな中、第3の勢力として脅威の成長力を見せているのが、ピンドォドォだ。僅か3年で、なぜ同社がここまでの成長を成し得たのか?その秘密を探ってみたい。