人工知能(AI)のビジネス活用事例

中国、アメリカなど小売業を中心に人工知能などテクノロジーのビジネス導入事例をレポートします。新しいビジネスのヒントはここにある!!

「Eコマース」の記事一覧

ウォルマートが1.2兆円を掛けて店舗刷新。オムニチャンネル促進へ。

Eコマースへの急激な投資を進めるウォルマートだが、それに合わせ店舗を最適化する為に、1.2兆円もの巨額投資を決めた。 彼らはオンラインとオフラインというカテゴリー自体を、意味の無い物としようとしている。つまりは、Amazonシフトに他ならないのだ。

Amazonが中国から撤退 !? その戦略的失敗と覇権の行方。

アマゾンが中国市場におけるマーケットプレイス事業からの撤退を発表した。米国や欧州では、競争優位性を築き上げた同社が、なぜ中国では1%にも満たないシェアしか確立出来なかったのか? それは、戦略的失敗と言えるのだ。

アリババ傘下のスーパー『盒馬鮮生』が最先端と断言出来る理由②

アリペイから得られるビックデータを基に、出店戦略を練るフーマ・フレッシュだが、彼らは『立地』を重要視していない。これまでの常識を覆す出店戦略こそが、彼らの持つ強みと言えるのだ。

なぜ、ソフトBはピザ屋に400億円もの投資をしたのか?

今や世界でも最大のベンチャーファンドとなった『ソフトバンク・ビジョン・ファンド』。様々な企業に投資を行う同社だが、その中でも異色の存在と言えるのが、『ズーム・ピザ』だ。しかし、その取り組みは、世界の製造業の常識さえ、変えようとしているのだ。